いつでも美味しいフルーツやワインを、ネット通販で購入しましょう!

原料が美味しい

白のワインを飲む

日本で醸造されているワインの中でも、甲州ワインは特に人気があります。甲州ワインは、甲州ブドウから造られています。日本でブドウの生産が最も多い山梨県で栽培されています。山梨県のブドウの生産量は、2位の長野県の約2倍も生産しているのです。そんな山梨県の甲州ブドウで造られたワインが、甲州ワインなのです。ワインと言えば、フランスを思い出すのではないでしょうか。フランスは、世界でも最もワインの消費量が多い国ですから、そのイメージ通りでしょう。ワインの生産量だけでいえば、実はイタリアの方が少し多いのですが、消費量や、イメージで言えば、フランスですよね。では、なぜそれほどまでにフランスのイメージが強いのでしょうか。その理由の1つとして、フランスのワインは世界一美味しいと称されてきたからです。フランスには、中世の頃から、貴族が私有地としてブドウ畑を持っていました。ブルゴーニュやボルドーなどの土地は、美味しいブドウができる場所だったのです。そのため、フランスのブルゴーニュやボルドーのワインは、世界一美味しいと言われてきたのです。つまり、フランスからも分かるように、ブドウが美味しい場所のワインは美味しいのです。ワインの原料であるブドウの質が高いほど、ワインの質も高いということです。日本で言えば、山梨県で造られた、甲州ワインがそれに当たります。甲州ワインの原料に利用されている、甲州ブドウは、日本では美味しいブドウとして人気があります。そのため、人気の甲州ブドウで造られた甲州ワインも、日本ではとても人気なのです。